MENU

妊娠したいけど不妊かも…?卵子の老化を予防するには

妊娠したいけど不妊なのではないかと思っている方は、卵子の老化を予防することが重要です。

 

活性酸素を増やさないことを心掛け、生活習慣を見直して老化を予防しましょう。

 

活性酸素は老化の原因になります

 

妊娠したいと思っているけれど、不妊なのかもしれないと思っている方は、卵子の老化を予防することが重要です。

 

老化が進むと妊娠しても染色体がダメージを受け、流産の確率が高くなってしまうので、注意が必要です。

 

妊娠したいと思っている方は、老化の予防を心掛けておかなければいけません。

 

活性酸素が体内に過剰に発生すると、卵子の質が低下していきます。

 

紫外線やタバコ、アルコールなどは活性酸素を発生させる要因になるので、なるべく避けるようにしましょう。

 

抗酸化作用を持つ野菜や果物を多く摂取することも重要です。

 

生活習慣を見直しましょう

 

妊娠したいと思っている方は、卵子の老化を予防するために生活習慣も見直してみましょう。

 

全く運動をしないという方もいるようですが、適度な運動を行うことで血行が促進され、卵巣の血流もよくなります。

 

ウォーキングやストレッチなど、無理なくできる運動を続けることを心掛けておきましょう。

 

ストレスは活性酸素を発生させる原因になるだけでなく、ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れ、生殖器官にも影響が現れます。

 

ストレスと上手く付き合い、なるべくストレスをためないようにストレス解消法を見つけておきましょう。