MENU

妊娠したいと思ったら、今から飲むべき葉酸。葉酸不足が原因で起こることとは

葉酸が不足すると胎児が先天異常を発症する原因となるため、妊娠したいと思ったら一番に摂取しなければいけない栄養素です。

 

普段の食事からの摂取に加え、サプリメントで補うことが大切です。

 

妊娠と排卵の時期について

 

妊娠したいと思ったら、まず摂取したい栄養素は葉酸です。この栄養素は、ビタミンB群の一種で、胎児の脳神経の発育に大きく関わっています。

 

そして、十分に摂取できていないと、神経管閉鎖障害と呼ばれる先天異常が発症する原因になります。

 

先天異常は遺伝によっても発症するので、この栄養素を摂取するだけで完璧に予防することはできませんが、発症するリスクを減らすことができます。

 

そのため、厚生労働省も、妊娠の可能性がある女性に対して、遅くても妊娠する1ヶ月前から1日0.4rをサプリメントから摂取するよう勧告しています。

 

葉酸サプリメントの選び方

 

葉酸は胎児の先天異常を予防する効果があるので、妊娠したい女性には必須の栄養素です。

 

これは、緑黄色野菜や果物、レバーなどに多く含まれていますが、妊娠したい女性は食事からの摂取に加えて、サプリメントで補う必要があります。

 

サプリメントは妊娠したい人や妊娠している人を対象とした製品から選ぶのがおすすめです。

 

なぜなら、このような製品には、厚生労働省が推奨する摂取量を取ることができるように作られているからです。

 

また、妊娠に必要な様々な栄養素も配合されていますし、胎児への影響も考慮して処方されているので、安心して飲むことができます。